FAQ

Frequently asked questions

アメリカでクルマを選ぶ際に、注意する点は?


今はインターネットで相当なことまで調べられるので、まずはネットでのリサーチが大切です。 アメリカと日本では、同じメーカーでも車種よりラインナップが異なります。また、クルマによっては、別の名前がついていたり、同じ名前でも大きさや仕様が異なるクルマもあります。まずは、好きなメーカーや車種のウェブサイトを見てみましょう。




リース最大のメリットは?


手放すときに売る手間がかからないことだと思います。滞在期間が短く、かつ、帰国する時期が確定しているのならリースがおすすめ。3年以上滞在するのであれば、購入した方がトータルで安く抑えられる場合もあります。




新車購入、リース。日本とアメリカの違いは?


注文生産の日本と違い、在庫販売方式のアメリカでは店に置いてある在庫の中から選び、即日販売が可能です。 つまり、色やオプションなどが自由に選べる訳ではないので、事前に希望の車種、色、機能が揃った車があるか?お問い合わせください。




自動車保険の加入


車の購入と同時に自動車保険に加入します。 日本の自賠責のように加入が義務付けられているのが損害賠償責任保険(Liability)です。 これは対人、対物事故が起き、損害賠償責任が生じた時に支払われます。 しかし、これだけでは自分側の医療費や車の修理費用は補償されないので、 搭乗者傷害保険 (Medical) 車両保険 (Collision & Comprehensive) なども追加で加入する必要があります。 そして保険に加入していない相手との事故にも対応できるように、無保険者保険(Uninsured Motorist)も付けておきましょう。 日本のように、本来義務付けられている損害賠償責任保険への加入が厳しく確認する制度がないので、保険に加入してない人も多いです。 保険料は年齢、性別、居住区域、車種、事故歴などを総合的に判断して算出されます。 日本と同様、若い人の保険料は高く設定されており、25歳以下だと割増になる会社が多いです。更新時には最新の情報に基づいて新たな保険料の見直しがされます。 アメリカで有名な自動車保険は State Farm GEICO Allstate USAA American Family などが挙げられます。
リスクを回避し、十分な補償が受けられるよう、ご自身に最適な保険を選びましょう。